地球温暖化について、持続可能な開発を論点と

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2019-03-06 00:00
地球温暖化について、持続可能な開発を論点として政策を考えよ。という問題に対して自国が日本の場合どのような政策が妥当ですか?共感した0###持続可能と言えば、資源が枯渇しない風や、太陽を使った自然エネルギーの利用ではないですか?ただそれだけは足りない分をどうするか??CO2を出さないメタンハイドレートという天然ガスが日本近郊で取れるらしいですよ。個人的には、消費社会を見直しして24時間営業をやめて、電力消費自体を抑えてもいいんではないのかな、と思うんですが・・ナイス0
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###先生もビックリの珍回答アメリカがお手本。アメリカは温暖化なんて妄想だと蔑みます。 あれは実に正しい政治の姿勢なんです。世界がどんだけ温室効果ガスを削減しようが、それにアメリカがどれだけ貢献しようが、アメリカにとって重要な事はそこにはありません。温暖化した世界、温暖化していない世界のどちらでもアメリカが優位な立場で存在している事こそが、アメリカにとっての「持続的な開発」だからです。日本が目一杯頑張って、温暖化リスクはモノホンだと信じ切って、地球の為に人類の為に無理に無理を重ね、経済的な優位性を損なってでも温室効果ガスの排出を減らしたとします。 日本の再生可能エネルギーの比率は世界トップですが、そのエネルギーコストは世界の3倍になったとします。アメリカは大笑いです。 石油はどんだけ採っても無くならないし、温暖化なんてやっぱりただの妄想だった。 温度は全く上がらないどころか下がり続けて寒い寒い。 太陽光にあんな無駄な金掛けて世界中の皆さまご愁傷様と舌出してます。では温暖化が本当だったらどうでしょう。暑い暑い、異常気象が連発して、食糧生産能力が壊滅的にダメージを受けました。 こりゃ高いお金出さないと輸入出来ないけれどアメリカにはそのお金があるから何とか生き延びれますし、温暖化社会に対抗する為の科学技術に投資する経済力が残されています。翻って日本は・・・温暖化対策に一生懸命取り組んだ日本は何処よりも排出量を削減しましたが、競争力を失って景気は最低、失業者で溢れかえっています。当然海外から食料を輸入するお金もありませんから、国民は飢えに苦しんでいます。これは持続的な開発とは言いません。日本のライバルは昔より暑くなった世界ではなく、諸外国だからです。温室効果ガスを減らす事がサスティナブルな開発ではなく、日本が世界よりも生存権を保持し続ける事が持続可能な開発だという視点は必須です。ナイス0
###省エネとか、省資源とか、CO2排出ゼロ技術とか、マイナス排出技術とか、加えてエネルギー安全保障とかも盛り込むと良いのかもああ、あと蓄電池の伴った自然エネルギーも有力でしょうねナイス0
###電力消費を抑えるのは賛成です。24時間営業止めればと思います。欧州のようにゴミの分別をしリサイクルももっと強化するべきだと思います。ナイス0
###地球温暖化の現実的な政策は適応で、耐暑性品種の開発、学校と公共体育館へのエアコンの整備、高断熱建築物の開発、海面水位の上昇に対応した防潮堤、堤防のかさ上げ、夏季高温時の運動と作業の法規制などです。先生は太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーを持続可能な開発として書かせたいのでしょうけど、採算度外視で非現実的です。石炭火力と比べて何倍も高い電気を押し売りされ、消費者は大迷惑です。ドイツではすでに電気代は2倍になっています。将来、日本も同様なことが起きます。海底の下のメタンハイドレートは現時点では採掘コストの方が上回り、事実上採掘できません。低コストの採掘法の開発が望まれます。ナイス0
###→似非科学とかの、基準(行動基準)じゃああ駄目ですから、本当の真実の科学的合理性・妥当性のあるものへ、方向転換する必要があるという話ですよ!似非科学なんかをやってる場合じゃああ無いでしょう。真実を握ったほうが勝つに決ってるよ!米国トランプ政権は、温暖化理論の真実を握ったのでしょう!安倍総理政権?は、これじゃああああ米国には勝てないよ!似非科学じゃあああ駄目なんですよ!ナイス0

 

TAG