新築計画中です。

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2019-03-06 00:00
新築計画中です。海沿い、標高22メートルでも塩害はかなりありますか?日常でもベランダの洗濯物に被害はあるか、塩害対策でした方がいい事、台風後にすべき事等々、実際同じような環境で住まれている方がいらっしゃいましたらアドバイス頂きたいです。また、台風対策の窓シャッターは付けない方がいいでしょうか?よろしくお願いいたします共感した0###かなりありです。海から三キロくらいのとこでも車は塩害でぼろぼろになります。洗濯機や、家電も痛みが早いです。家の周りの金属部分の保護ペンキ塗りなどを徹底させないと家も早く痛みます。窓シャッターはやめた方がいいです、二重サッシの樹脂製の物に変えた方がいいです。アルミでも駄目でした。ナイス0
###☆、建物への塩害は、その季節毎の風に塩分を含んだ風の吹込みによるものであり、地域や場所毎に異なります。屋根材が鋼板ならば複合鋼板ガルバリュウ-ム板が安価です。後は陶器瓦が日本海側には多いのがそれ例で、ベランダもアルミで、窓はアルミでシャッタ-で建築であると塩害を少なくできます。何れの建物でも建築地に沿った建築とする。車庫も錆び易く、前面格納な車庫が塩害には最適です。ナイス0
###22mでは十分塩害は考えられます。しかし風向きにもよります。以前湘南に住んでいた時は海からの風で海岸から2kmの地点でも家の中に砂が入って来ました。現在、海岸から50mの場所に住んでいますが、常に偏西風が陸から吹いて居ますので塩害は殆ど有りません。ナイス0
###海岸線から5k以内は、塩害がある。ナイス0

 

TAG