地盤の強度に詳しい方のご意見を伺いたいです

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2019-03-06 00:00
地盤の強度に詳しい方のご意見を伺いたいです。築50年の鉄筋コンクリートの隣家〔敷地56坪〕の解体工事により被害を受けました。①境界ギリギリにあった隣家の建物を解体中、隣家の基礎が越境していることが判明。しかし、相談されないまま、その基礎は引き出されてしまいました。その後も工事は続き、結果我が家の犬走りは、コンクリートが割れ、20センチほど地面が下がりました。②地盤が下がったことが大変心配なのですが、解体業者の方の話では、土を固めて道路工事の人が使うような圧縮させる機械でしっかり固めてからコンクリートを直すということです。③犬走りのコンクリートを直す時に、下に鉄筋の網のようなものを敷いてからコンクリートを塗ってくれるということで、コンクリートが割れづらくなるとのことです。④更地になった隣地には、新しい土地の持ち主によって、2、3カ月のうちにコーポか小さなマンションの建設工事が始まるそうです。たとえ、コンクリートを直してもらっても、土留めのようなものもないままで、また同じことが起こるのではないかということも心配です。そこで、質問させていただきます。①のような状況で、地盤が下がりましたが、現在は、簡単に土を戻してあり、一見では、土の中がどのような状態なのかわかりません。地盤の調査は特にはしないとのことでしたが、②③のような話をされて、こちらもよくわからなかったとので、その話を受け入れてしまいました。今になって落ち着いて考えると万一、地盤の修復が不完全だった場合、地盤が緩んでくれば、コンクリートは今回のように割れてくるのではないかと思うのですが、解体業者の方が提案された網のような鉄筋を敷いてあれば、地盤が緩んでもコンクリートが保護されて割れてこないために、我が家は地盤の緩みに気がつかないまま過ごしてしまうのではないかと思ったのです。なんの知識もない素人考えですが、コンクリートの下には網の鉄筋を敷いてもらったほうがいいのでしょうか?ちなみに、犬走りの下には、下水管が埋まっております。その工事をしねけばならないような状況になった場合にも、網の鉄筋があると、コンクリートのハツリなどが大変なのかということも、気になっています。④についても、今回の被害の教訓から、工事が始まる前に、相手の方と工事についてきちんと話したいと思います。もし何か注意することなどがあれば教えていただきたいです。宜しくお願いいたします。###解体屋さんは2mも段差がついた状態で元通りに直すと言っているのでしょうか?土留するか解体したところを自宅と同じ高さに土で戻さないとできませんよ。土留は水で土が流されるのでコンクリート壁かシートパイル(鋼矢板)じゃないと。しかも基礎の形状が越境してたのわかった時点で工事を中断し、解体業者から報告を受けた隣地の持ち主が質問者様へ相談に行くのが普通で、断りなく工事を進めるなんて言語道断です。コンクリートの下に網を敷くのはおそらくワイヤーメッシュっていう6mmの100目くらいの鉄の網の事を言ってるんだと思いますがあくまでコンクリートの割れ止めであってコンクリート土間自体の沈下は下の地盤が弱ければすぐに下がります。下水管も勾配をとって埋設してるわけですから、土が下がったのなら配管がたわみ、逆勾配になっていることも考えられます。ナイス0
###こんな時間に早速の回答をありがとうございます。参考の図が分かりづらくて申し訳ありません。工事後図中の隣地の2メートルという表示は、隣地の建物の基礎を掘り込んだ深さです。現在は、工事が終わり、重機で固めてある状態なのか、更地となっています。いわゆる犬走りといわれるような我が家の通路も、とりあえずは埋め戻された状態です。基礎が越境していた段階で業者から話がないままで工事が進んでいってしまったこと、何も言わなかった自分も無知だったといまではとても悔しい思いです。けれど、工事が終わってしまった今は、地盤のことがとても心配です。この先、犬走りの修復をしてもらう上で、どういったことに注意すればいいでしょうか?また、しばらくしたら始まる工事のことも気になり、新しい土地の持ち主とは、どのようなことを注意すればいいでしょうか?
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###先ず汚水管が大丈夫か、確認する必要が有ると思います。知り合いの設備屋さんに頼んで、その費用は解体屋さん持ちです。 犬走のコンクリートが打たれてしまった後では確認のしようが有りませんから。① 此れは賠償問題にしてもおかしくない案件だと思います。② この時、汚水管の事を確認すべきです。地盤が崩れた時無事だった汚水管も、ランマーやコンパクターで突かれた時、損傷する恐れが有ります。③ 犬走のコンクリートは、ワイヤーメッシュで無く、10mmの鉄筋で、コンクリート厚さも150mm位が良いと思います。後で汚水管の工事が遣り辛くは成ります。④ 今回の事実を、新しい地主さんにも伝えておくべきです。責任とかは無いにしても、ひょっとして後から何らかの支障が見つかって、隣地に影響を与え兼ねないとも限らないからです。ナイス0
###☆、隣地境界線から貴方様建物の基礎がはみ出していることは、昔に依頼をした業者が、貴方様が知りえない状態かで境界線をした行為もある。また、建替え建築会社の技術者が解体業者が、2.00mを掘削にシ-トパイルやH鋼材杭土留めもなしで、隣家の地盤崩れを予想できないならば、建築施工管理者の能力が欠如で技術者ではない過失です。民法の解釈問題もあるが、解体業者以外の元請請負者と交渉をする。ナイス0

 

TAG