タイのなんちゃって日本食品企業、オイシさん

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2018-12-14 00:00
タイのなんちゃって日本食品企業、オイシさんですが、現地ではどのように受け止められているのでしょうか。やはり日本の食品企業の正規ライセンス商品であるMKさんのやよい軒、CPさんの明治などとは異なり、日本商標に似せた『なんちゃって日本』なのでしょうか。また、なぜ山田長政のヤマダとかもっと知られた日本の固有名詞があるでしょうに、大石内蔵助のオイシなのでしょうか。ある意味不思議なチョイスに感じましたが。共感した0###なんちゃってというコンセプトは日本人だから言えることではないでしょうか。やはりまだ一定の地位は築いていますが、昔の一人勝ちみたいのはできなくなっていますね。いまは競合相手が多いので。oishiには複数のブランドがあります。ドリンク系:コンビニや雑貨屋などで展開。競合はICHITANフード系:冷凍食品とかサンドイッチとかコンビニや雑貨屋などで展開レストラン系:オリジナルのOishiビュッフェ、Oishiグランド、Oishiエートエリウム、Nikuya:ショッピングモール等で展開。競合は食べ放題系のみせたくさん。デリバリー系:バイ宅デリバリーなんちゃってというよりは、日本語のわからない人にとってはそんなのわからないし、日本食だってオリジナルを知らなくてもおいしければそれでもいいのでは。ちなみに、OISHI系にはマーケティングを展開する会社もあり、ここがんばっているみたいです。1日車1台プレゼントとかたぶんOISHI系が始めたような気がしますが。おいしくてもマーケティングをしなくて死んでいった日系めし屋はたくさんあると思われます。ナイス0
###皆様ありがとうございました。結局『やったもん勝ち』なんでしょうね。たまたまオイシさんがマーケティング上手というだけで。よく海外の韓僑や華僑のデタラメ寿司が話題になりますが、あれもある意味現地のニーズに合わせた商売上手なのかも知れません。寧ろ我々が『伝統』とか『正統』に無意識のうちに縛られてしまい、ニーズを見失っている面があるのでしょうね。皆様またよろしくお願いいたします。###いやいや、タイ資本の高級寿司屋の名前が【本物寿司】ですし、高級百貨店のタイ資本の料理屋ではうちはちゃんとバーモントカレー使っていますと壁にバーモントカレーの写真飾っていますよ!ナイス1
###一昔前は、日本語なんて一つも知らなくても「オイシイ」だけは知っていて日本人を見ると連呼したりする人もいましたが、今ではかなりマイナーになった感じがします。決定打はコンビニで「おーいお茶」が売られるようになった事かと思います。それ以前は「日本のお茶」を飲みたいと思った人はオイシとかフジブランドの微妙にジャスミンみたいな香りのするお茶を買っていたと思いますが、それらがナンチャッテであったことがバレてしまった感じです。割と最近「オイシラーメン」なんて店も出してきてますが、あんまり美味しくない上に結構なお値段します。日本の本格的なラーメン屋がどんどん進出しておりタイ人もその味に慣れてきてしまっていますし、安く済ませたい人は8番ラーメン等に行くでしょうに、今更こんなラーメン屋を出してくるあたり、イマイチ流行が見えていないのかなという印象を受けます。ナイス1

 

TAG