春暁の押韻なんですけど、暁と鳥と少が押韻に

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2019-03-06 00:00
春暁の押韻なんですけど、暁と鳥と少が押韻になるのはわかっても、どうして声は同じshoという読み方をするのに押韻じゃないんですか?五言絶句はあくまでも2句末と4句末だけ押韻をするという決まりがあって、だからただ暁は例外なだけで声は押韻ではないということでしょうか?共感した0###現代中国語音で各句末の一文字を抜き出してみるとxiǎo(晓)niǎo(鸟)shēng(声)shǎo(少)のようになります。shēng(声)だけが明らかに異なります。ナイス0
###五言絶句の第三句は押韻でいなくてもかまいませんからナイス0
###押韻とは、字の発音は全部同じではなく、「韻母」が同じなことです。日本語の50音表にすれば、つまり、母音の同じ段のかなは、同じ韻なのです。か、た、だ、な、は、ぱ、ば、ま、ら、わ、全てが同じ韻です。そもそも、日本語の母音が少なく、押韻は案外容易ですので、日本の詩はかえてそれを重要なことだと見てない。しかし、漢詩や英詩などにとって、韻は非常に重要な要素だと考えられます。もうひとつ、漢詩は中国人の書いたもので、「韻母」が同じかどうか、日本語の発音により判断すのものではなく、中国語の発音で判断すべきです。春暁の押韻について、暁と鳥と少は、lic********さんの示したとおり、子音はそれぞれ異なりけれども、韻母は同じです。ナイス0

 

TAG