本日、予防接種で日本脳炎1回目とおたふく2回目

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2019-03-05 00:00
本日、予防接種で日本脳炎1回目とおたふく2回目を同時接種しました。日本脳炎の2回目が1週間~4週間あけてから受けるとありますが、おたふくと同時に接種した場合でも1週間~4週間の間でもう1度受けても大丈夫でしょうか?よくわからず教えていただけると嬉しいですm(__)m3歳の予防接種は日本脳炎だけで大丈夫ですか??共感した0###【日本脳炎】2012年11月1日から3か月の副反応報告では、報告数41件、うち重症は11件にのぼっています。同年には接種後に2名の死亡者が出ています。これに対して、2012年に、日本脳炎を発症した子供はゼロ発病者よりもワクチンによる犠牲者の方が多くなっています。日本脳炎ウイルスはリンパ節で増殖し血中を流れていきます。しかしこの時点で抗体を体内で作れるため自然治癒します。日本脳炎ワクチン「ジェービックV」の医薬品添付文書より「本剤は日本脳炎ウイルス北京株を Vero 細胞(アフリカミドリザル腎臓由来株化細胞)で増殖させ得られたウイルスを採取し、ホルマリンで不活化した後硫酸プロタミンで処理し、超遠心法で精製し安定剤を加え充填した後、凍結乾燥したものである。なお、本剤は製造工程で、ウシの血液由来成分(血清)乳由来成分(エリスロマイシンラクトビオン酸塩)ウシ及びヒツジの胆汁由来成分(デオキシコール酸ナトリウム)ブタの膵臓由来成分(トリプシン)を使用している。」日本脳炎ワクチンは、接種後にADEM(急性散在性脳脊髄膜炎)に罹患する可能性があるとして2005年、厚労省からの積極接種勧奨差し控えの勧告以降ほぼ中止状態にまで至っていた。その後それまでのマウス脳由来のものから2010年より組織培養法による新しい日本脳炎ワクチン(2009年発売)が開発・提供され以後積極的に接種されている。このワクチン「ジェービックV」は凍結乾燥品とすることにより有効期限も長くなり保存剤(チメロサール ≒ 水銀)を含める必要がないとして含まれていない。但し治験の際にこれまでのワクチンより副反応発現率が高いという結果が得られているのに抗原量を変量(要するに薄めて)して追加試験を行い審査を通してしまった。結果としてワクチン接種再開後に副反応報告(重篤なものを含む)が倍増当初の臨床試験の通りの状況となっているのが現実。ところが国・業界ではワクチン接種の副反応として認める期間の設定によりそれを少しでも外れると因果関係無しとしてしまう尚、日本脳炎の抗体は感染研調べで非接種群であっても10歳になると約80%が保有することがわかっているhttp://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/06/dl/s0616-5f.pdf【おたふくかぜ】1981年おたふく風邪ワクチンが市販され、任意接種が開始したがワクチンによる無菌性髄膜炎の発生が問題となり各社独自株によるMMRワクチンの接種も行われたが1993年にMMRワクチンの使用は中止2014年の時点でMMRワクチン接種による健康被害厚生労働大臣により認定されているのは総数1041名死亡一時金受給者3名障害児養育年金受給者2名障害年金受給者6名■ワクチンの有害物質【チメロサール】チメロサールは、成分の半分がエチル水銀です水銀は神経軸索や脳細胞に損傷を与えます(DPT、インフルエンザ)【ホルムアルデヒド】シックハウス症候群」の原因物質のうちの一つ国際がん研究機関によりグループ1の化学物質に指定され発癌性(インフルエンザ)【アルミ】免疫作用を働かせるためアシュバンドとしてアルミを使っていますアルミは脳に蓄積すると脳機能に影響を与えます。(インフルエンザ、DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎)【デオキシコール酸ナトリウム】動物臨床で、脳関門の損傷、皮質体積の減少、神経細胞の減少(ほとんどの生ワクチン)【グルタミン酸ナトリウム】脳で興奮毒になり脳機能を損傷(ほとんどの生ワクチン)【ポリソルベート(界面活性剤)】脳関門の損傷、皮膚のバリア破壊(DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎、インフルエンザ)*勿論これらの物質は、消耗性疾患、慢性疾患、アレルギーの源ワクチンの中に含まれている抗生物質とチメロサールの組み合わせで、さらに毒性を増すアルミとチメロサールの組み合わせも強力に毒性を増します。子供を守るのは親の知識です。ナイス0

 

TAG