赤穂浪士の仇討ちについてお聞きします。情報

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2018-12-14 00:00
赤穂浪士の仇討ちについてお聞きします。情報収集のためにある者は吉良邸近くで米屋を、またある者は道場を開いたりしていますが、当時 商売を開業するのに幕府に届け出にようなものは必要なかったのでしょうか?もう一つ、駄菓子屋ならともかく米屋といえばかなり開業資金が必要な商売だと思います。また道場というのは相当の剣客でないと開けない、つまり武士ということになります。街には木戸番というのがいて その地域に住む住民の出入りなど、一種の監視役の役割もしていたと思うのですが そのような社会で回りからいろいろ詮索されて密告の対象にならなかったのでしょうか?共感した0###問屋はともかくも、小商人に役所に届け出は必要ありません。米屋と言ってもピンきりです、担ぎ売りの棒手振りなら親方が居ますので資金がなくても始める事が出来ます。また、道場は何の某と言う先生の門弟で免状があれば大丈夫です。偽名を使い偽物の免状を使っても遠方なら、当時は確認する手段が乏しいし、赤穂浪士にはパトロンが居ましたから、その人達が身元保証をした可能性が有ります。江戸には食い積めた浪人が多く居た様ですし、赤穂事件は判官びいきで浅野側のファンが多かったので、わかって居ても密告なんて江戸っ子の粋に反する野暮な事と言う風潮も有ったのでしょう。ナイス0
###ものすごく納得です。勉強になりました。ありがとうございました! m(_ _)m
###ありがとうございました! m(_ _)m

 

TAG