1960年に葛飾北斎は世界の文化三大巨匠の一人に

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2018-12-14 00:00
1960年に葛飾北斎は世界の文化三大巨匠の一人に選ばれていた?神山典士著『知られざる北斎』という本を読んでいたところ、 https://www.gentosha.co.jp/book/b11846.html「1960年(昭和35年)にウィーンで開催された世界平和評議会で、ダ・ウィンチ、レンブラント、北斎の三人が、世界の文化三大巨匠として顕彰された」(要約)という話題が出てきました。この話題は事実なのでしょうか?事実としたら「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」を上まわる高い評価といっていいはずですが、『知られざる北斎』以外の書籍で目にした覚えがございません。1960年の世界平和評議会で世界の文化三大巨匠として北斎が顕彰されたという話は事実なのか風評なのか、事実としたなら詳しく紹介した書籍などはあるのか、よろしく御教示をお願いいたします。共感した0###『知られざる北斎』は自分も読みましたが、全体に調べ方が雑な本でしたので、他に裏付けが取れないなら鵜呑みになさらない方がよろしいかと思います。御質問の「世界平和評議会で選ばれた世界の文化三大巨匠」ですが、インターネットで検索した限りではすみだ北斎美術館の公式サイト以外に見つかりません。他にヒットするものはここからコピーしたものばかりのようです。すみだ北斎美術館のサイトでも出典は挙げられていないですね。インターネット上や書籍に書いてある話だからといって出所の分からない怪情報は信用しない方がよろしいでしょう。日本の浮世絵師が海外で高く評価されたという話題では「世界三大肖像画家はレンブラント、ベラスケス、東洲斎写楽」というものが有名でしたが、こちらも出典とされたユリウス・クルトの『Sharaku』に記述がなく、写楽を持ち上げるために日本で捏造された評判だったようです。ナイス0
###どなたも知らないようですし現在のところは出典のよく分からない真偽不明の情報と判断しておく方が無難でしょうね。

 

TAG