死後の世界はあるのか

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2019-03-08 00:00
死後の世界はあるのか共感した0###ないナイス0
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###死後の世界は存在します。https://blogs.yahoo.co.jp/tukihikarihi/16455831.htmlあの世は有りますよ。ナイス0
###仏教は生まれ変わるというのが基本の考え方です。生まれ変わるのですから、天国や地獄が現実とかけ離れた所に在ったのでは辻褄が合いません。天国も地獄も現実の世界で見ることができます。例えば、金持ちの幸せな家庭に生まれる子供と、貧乏で親から虐待されるような家に生まれる子供、この違いが天国と地獄です。他には平和な国に生まれる子供と戦争が絶えないような国に生まれる子供、この違いも天国と地獄です。 人間は生きている内に様々な罪を犯しながら生きています。その中で最も重い罪は恨まれることですが、恨み続けることも相手の不幸を願うようになるので罪となります。天国に生まれるための善行は感謝されることですが、感謝することも善行になります。「ありがとう」と言われることは最も大きな善行ですが、「ありがとうと」と言うことも相手を幸せな気持にすることができるので善行になります。悪行と善行のどちらが多いかまたはどちらが重いかで天国か地獄、又はその中間になるかが決まるようです。感謝されれば良縁となり、生まれ変わっても助け合える存在となりますが、恨まれれば悪縁として生まれ、恨んでいる人の人生の障害となるようです。ナイス0
###突然に死は訪れます自分と言う存在は肉体の中心にある魂の方にあります。肉体は貴方が動かすロボットのような物だったのです。肉体から霊体が離れて、自分は霊体の方に存在しているのが解ります。と言うのは自分が今まで寝ていたベッドの部屋の上から自分を見て、医師や看護師さんが下の肉体に慌ただしく何かをしている姿を見て自分が死んだ事を理解し死と言う物はこう言う事かとも理解します。死んでもしばらくはそのままの考え、思考力で魂として生きています。死ぬ5分前と5分後では何も変わらないと言います。その後、自分が死んだ事を認識しその事を色んな人に知らせようとしますすると思い出すだけでその知らせたい人の所に移動できる事が解ってきます。瞬間に移動します。そして、色んな人に自分の死を知らせて回ります。この時、受け取る側は「虫の知らせを受けた」とか言う表現の現象が起こっています。この時、時間も超えて移動できる状態にありますですから虫の知らせを受け取った時間が本人がまだ生きていたと言う現象も起こります。その後、時間も自由に移動できる事から過去に疑問に思っていた事も解決?(意味を理解する)(なぜ、あの人は、あの時、私にあんな事を言ったか?等)と言う事が理解出来るようになります。見たい物は、ほとんど全部見る事が出来なぜそうなったかと言う事や、他のほとんどの事が理解できる状態にまでなります。もうこれ以上見ておく物も無いと思うまでになります。そうすると、本人より先に死んだ人で本人がもっとも心の許せる人(一番信頼できる人)が、そばに来て「もういいですか?」(疑問に思っていた事を全部解決しましたか?と言う意味です)「これ以上確かめるものは無いですか?」「ついて来なさい」と言って手をさしのべてくれます。そして、その人と一緒に天国に行きます。この間こちらで言う所の49日と言う時間になりますがこの49日は正確では無いです。仏教がこの期間の事を目安として伝えただけです。この頃に死後覚醒が起こり肉体を持って生きていた時とは別の精神状態になって行きます。それまで歩んできた色んな人生を回想できるのもこの頃です。天国に行っても終わりませんここからが始まりです。天国の小学校の1年生に入学ですそこで、霊としての生活と勉強が始まります。生活は自分の望む生活で暑くも無く寒くも無く食べる物も着る物も何でも揃っている貴方が望む生活になります。高度に進化した文明では死後の世界が存在して自分の魂は永遠に存在し輪廻転生が起こっている事は常識になっていて子供の頃にしっかりと教育されるそうですよ!この先はまだまだ長いですのでこの辺で終わります。ナイス0
###ありません。ナイス0

 

TAG