学校の音楽の課題で、

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2018-12-14 00:00
学校の音楽の課題で、【ドビュッシー、ストラヴィンスキー、シェーンベルク、バルトーク、メシアン、ベルク、ウェーベルン、ヒンデミット、シュトックハウゼン、クセナキス】の中から1人を選んで、その作曲技法の概略を譜例を駆使してレポートしなさい。ただし、WordのデフォルトスタイルでA4で5~10ページでまとめること。というものが出たのですが、誰の作曲技法が1番書きやすいと思われますか?また、その人の作曲技法について載っている本やサイトがあれば教えていただきたいです。共感した0###詳しくはありませんが、バルトーク(1881- )だと思います。聞いていて、一番明確な、古典性を兼ね備えていると思いますから。そして、民族主義としての面も、特長として解り易いと思います。。。。 その他の作曲家の作曲技法は、従来の音楽から、かなり、変革したものです。 バルトークの素晴らしさは認めますが、この中で一番前衛的精神に遠かった人だと思います。。。ナイス0
###皆さん、素晴らしいご回答ありがとうございました。是非、参考にさせて頂きます。暴言しか吐けないチトセの回答が無かったのは残念です。↓https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141991808...###やはり中レベル私立音大に通うエリートに素直に従いましょうナイス0
###譜例を駆使(!)してWord で、ということですから、譜面がデータで大量に入手できなければなりません。つまり、著作権保護期間内の作曲家は避けるのが無難です。また、作風をコロコロ変えた人も避けたいでしょう?逆に、何か一貫したものを持っていて、キーワード的なものを指摘しやすいとレポートとしては書きやすそう。私なら、バルトークにします。ストラヴィンスキーは採りません。シュトックハウゼンなどの保護期間内の人は採れません。ナイス0
###質問が重複しておりました。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111990848...質問者さんがID非公開、あるいは即席のIDであるのと、質問の内容から、おそらく、サー・ゲオルグ・ショルティの見てる前でシカゴ響のオーディションを受けたとされる、自称「プロのヴァイオリニスト」によるものと思われます。作曲技法については、こちらをご参照下さい。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141470410...https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141448077...ナイス0
###私は断然ドビュッシーだと思います。本やサイトは思い当たりません、すみません。ナイス0

 

TAG