来シーズンの女子のグランプリシリーズNHK杯の

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2019-03-08 00:00
来シーズンの女子のグランプリシリーズNHK杯の地元枠選考会、誰に勝って欲しいですか?(参考)2月9日のISUランキング発表されました。4位坂本花織、5位三原舞依、6位樋口新葉、8位宮原知子、12位紀平梨花、23位白岩優奈、27位本田真凜、28位山下真湖、29位本郷理華、74位松田悠良、80位横井ゆは菜、84位 荒木菜那、90位新田谷凜恐らく、12位の紀平選手までは確実にグランプリシリーズ2つ入ると思われますので、除外してください。私はここに名前のない細田選手に勝って欲しいです。そして、グランプリシリーズ2つ取れなかった場合は白岩さんか山下さん。補足浅田真央さんに粘着している変な人は投稿しないでください。共感した0###2017-18シーズンは開催国枠を使わず、リスト内で決めました。もしかすると、来季もアサイン会議で決めてしまうかもしれません。世界ランクでアサインリストに載るのは24位の選手までです。むしろ75位までリストに載ることのできるシーズンベストランクの方が大事です。2位 紀平4位 宮原7位 坂本9位 三原15位 山下27位 白岩30位 本田32位 横井36位 樋口45位 荒木46位 吉岡47位 住吉49位 川畑リストに載るのはこの13選手です。ですが、自分の予想としては、荒木、吉岡、住吉はジュニア残留だと思います。川畑選手が世界ジュニアでブレイクすれば可能性はありますが、現状では難しいかもしれません。彼女も恐らくジュニア残留ではないかと。さて、枠は最大で18。今季初めて全て埋めることが出来ましたが、来季の状況を考えてみると、再び18枠を埋められる可能性は大いにあると思います。で、世界ランクと今季のシーズンベストを考えると、来季のGPSにアサインされそうなのは、坂本、紀平、宮原、三原、山下、樋口、白岩、本田、横井の9名。今季出場した本郷、松田はアサインの最低条件を満たしていないので脱落。その他の選手は上記の9選手よりもシーズンベストが低く、国際大会でも目立った成績をあげられなかったため厳しいと考えます。自分の中での結論は上記9選手で決まると思います。NHK杯の3枠目は横井選手になるかとは思いますが、世界ジュニア次第な面もあるのではないかと思いますね。補足世界ランクはババリアンが終わって宮原が6位に上がり、樋口は7位になります。ナイス1
###勉強になりました。###男のぬりかべヒラメの本田真凜を外せ!ナイス0
###選考会などやらないと思います表向き8~9月ごろの国際試合の結果で決めるということにして横井になるのではないか細田は残念ながら無理ですナイス0
###迷いますが…松田選手。それか本郷選手ですね。ナイス0
###世界選手権で12位以内ならシードか招待されるので、NHK杯になる可能性が少なく、地元枠の対象外ですね。世界ランキング1位でも世界選手権で12位未満ならISUから1枠の保証だけです。規則に明記されている事実ですしかし、1枠しか確保できなかった選手には最後のチャンスです。昨年は紀平選手がこの枠で選出されGPF優勝に繋がりました公正に選ぶために選考会をするので、誰が残るかが問題だと思います紀平選手より世界ランキングが上ならあぶれる可能性は極めて少ないですが、横井ゆは菜選手にはシニアで大きく羽ばたいてほしいなとおもいますナイス0
###世界ランク的に2枠がぎりぎりでNHK3人目なら本田まりんさん。世界ジュニア次第で横井ゆは菜さん。ちなみにエースはほぼ紀平で決まり。2人目はワールド表彰台同時がないなら坂本。表彰台同時なら宮原樋口山下から1名、三原は今季2人目だから厳しい。ナイス0

 

TAG