安部公房にお詳しい方に質問です。

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2018-12-17 00:00
安部公房にお詳しい方に質問です。ウィキペディアの安部公房氏のページで、何故か写真が「餃子を作っている姿」なのですが、何かエピソードがあるのでしょうか?安部公房と餃子、あまり結びつかないのでググったりしてみたのですが、ヒットしません。共感した0###安部公房が餃子について書いている文章は読んだことがありませんので想像ですが、安部は1924年生誕翌年に父母に連れられ満州にわたり、青年期迄過ごした後に、1946年に日本に引き揚げてきています。中国北部は水稲に比べれば小麦が主食ですから、安部公房にとって餃子はソウルフードの一つだと思います。戦後に餃子が日本に普及しのは、満州引揚者によって大陸からもたらされた為だと言われています。安部は満州の体験を作品には直接反映しませんでしたが、私生活において自分の郷土料理を振舞うことがあったのだと思います。漫画《美味しんぼ》の原作者刈谷哲氏は、満州近く華北地方北京生まれの引揚者です。彼が食べ物エッセーの中で華北流の餃子への思い入れを熱く語っているのを読んだことがあります。今でも追憶と共に食卓にあげる事があるそうです。 <検索すると刈谷氏のブログがありました ご参考までに>http://kariyatetsu.com/blog/1267.php引揚者にとっては思い出したくないことが多い中で、故郷の食べ物には思い入れがあったということではないでしょうか。(追記)満州引揚者の著名人に漫画家の赤塚不二夫がいますが、餃子で検索すると餃子を作っている赤塚さんが出てました。特に満州の体験には言及していませんでしたが、水餃子を披露しています。https://www.youtube.com/watch?v=Jsj0aoNEGvw中国北部の餃子と言えば水餃子ですので、安部公房も水餃子を作っていたのではないでしょうか?ナイス0
###ありがとうございます。やはり満州に渡ったことが関係あると考えるのが正解かもしれませんね。赤塚不二夫さんや、美味しんぼの作者の方も引揚者だったのですか。勉強になりました。

 

TAG