すみません。

Writer: admin Type: 観葉植物 Date: 2018-12-15 00:00
すみません。最初に申し上げておきます。この件でうつになってしまい、内服中です。少しでも安心材料が欲しく投稿しました。一年半前に事故にあい、首と腰を痛めました。事故後2日でネックカラーをし仕事をして重いものを中腰で何個も移動していたら、突然腰に激痛が走り叫び1歩も歩けず車椅子も乗れずその場で整形外科の先生が来てくれて座薬をいれました。その日以来足に痺れ痛み、力が入らず色々検査したところヘルニアが神経にあたっておりオペしました。当然交通事故として1年半治療しておりましたが、診断書が出来上がってみたところ交通外傷とは書いておらず、重いものを持ったからになっていました。診断書は書き変えられないと言われ。尚且つ労災でもヘルニアだから厳しいとか色々言われ不眠不安からうつ病になってしまいました。今回の質問はまとめますと、労災では通らない可能性が大きいネットでは書いてありますが、私の場合も通らない方が大きいのでしょうか?通らないと家計が困るとかではないのですが、精神的に通るか通らないか長期間待てる心ではなく、少しでも可能性があるかどうかここで安心したいのです。労働監督署でもなければ弁護士でもないのであてにするなといわれるかもしれません。それでも少しでも多くの方の知識を知りたいのです。宜しくお願い致します。補足https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/111...の「労災補償の治療となる範囲」はなんでしょうか?共感した0###お金の事よりも完治する事に集中して下さい、整形外科では治りませんよ、東洋医学の整体などを試してみてください、ヘルニア手術を受けてしまった後では手遅れですが、その件で完全には元には戻りませんが和らげる事は可能でしょう、貴方のその貪欲な金銭に対しての心構えが今回の問題を引き起こして居ます、それに気が付いて直して行けば良い方向に向かいます。ナイス0
###お金より気持ちなんです。交通事故にも合わなければ首も腰も痛めること無かったし、ネックカラーして無理な体勢していなかったのに、交通事故でも労災でもないと否定されてしまったら私の気持ちはなんなのでしょうか?ただ車で走っていて一旦停止無視した車に当てられて、、、気持ちのやり場が無くて。鍼治療はずっとしています。カッピング最高ですよね。ありがとうございます。
###たまり考えない様にします。ありがとうございます###労災認定は労働基準監督署が判断することなので「絶対」とは言いませんが、この件は9割9分労災認定にはならない案件だと思われます。よってその理由もかなり明確です。労災は「業務上の出来事が「原因で」発症した疾病」です。よってそのヘルニアが業務が原因でなったものである、という立証が必要になってきます。ご存じのように、ヘルニアは骨の間の軟骨部分が徐々に潰れて押し出され、神経を圧迫する病気です。その過程にはかなりの年月が係ります。どんなに大変な作業をしていても、1週間や2週間ではなり得ません。またヘルニアなどの腰痛や腱鞘炎などはは「業務外」、例えば日常生活やスポーツ、あるいは加齢や運動不足ででも起こり得ます。それを「業務が原因で起こったに間違いない」と”業務の起因性”を証明することは非常に難しい事です。ただ、労基署も「業務以外が原因ではないと証明して見せろ」などの揚げ足取りはしません。よって代わりに「例え日常生活に原因があるとしても、それでも尚、業務上の原因が上回るほどの劣悪な労働環境により、多大な負担を与えられていた」と調査の上、確認できれば労災認定となります。よってその基準が非常に高いことになります。具体的には、①その作業を行えば、誰もがヘルニアや腰痛や腱鞘炎となる疑いがあるほどの重労働が長期間行われていた②会社の指示により、無理な姿勢や作業を指示、強要されていた③過去に同じ作業をしていた者に、労災や疾病発症者が確認できるなどを考慮して考えられます。要するに体力不足や年齢など、労働者個人の因子に関係しない視点で、その労働量、労働内容が「あまりにも無理がある」と認められなければなりません。例えば佐川急便や介護職などの「何年も腰に負担がある仕事」が続いていてもヘルニアでの労災認定が難しいのは上記のような理由だからです。また、ヘルニアなので本来交通事故で発症するものではないので、今回の件を考えるのに交通事故の部分はほとんど関係ありませんが、回の件はすでに「交通事故」として1年半も経過しています。これを労災事故であったと医師がいまさらしてくれる可能性も相当に低いです。この部分でもかなり不利でしょう。どうしてもと言うなら弁護士に相談して労災申請を手伝ってもらうのも手かも知れませんが、本来無料で申請出来ることですから、もし労災認定されなければ何十万円かの損失にしかなりませんし、もともとヘルニアでの労災認定の確立が相当に低い事や、弁護士を頼むと病院や職場に弁護士が介入することにもなるので、あまりお勧めはできません。ナイス0

 

TAG